JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

Japanese Top Page > カウアイ島・ナイアのフルーツ便り-2-
ナイアがここカウアイ島からときどきお届けする、ちょっとしたお話。
カウアイ島の様々な情報は、ご旅行にもお役に立つかもしれません。

カウアイ島・ナイアのフルーツ便り-2-

2017.03.16 Thu
バナナの花が現れてから、バナナが実るまでのお話しです。

私たちの庭に生えているバナナは、アップルバナナと言ってとても美味しいバナナです。 バナナの花と呼んでいますが、紫色の大きな花びらのような部分はがくにあたります。


新しい葉が出てくる中央部分から、空に向かって真っすぐに大きなくちばしの様なものがニュキッと現れます。その後このように首をもたげてきます。
花びらのような紫色の部分が1枚落ちる毎に、間から小さな指の様なものが現れます。これが、バナナのひと房です。バナナの先についているのが本当の花です。
だいぶ育ってきました。

季節により違いますが、花ができてからバナナが実るまで、数か月から半年かかります。


何本かのバナナが黄色くなりはじめました。バナナの切り頃です。バナナの木は一度実がなると、その木はそれでお終いです。根元から木全体をカットします。普通私たちはバナナの木と呼んでいますが、実は木ではなく巨大な草なのです。
大きなバナナです。何十キロもあるので、とてもナイアには持てませんね。