JavaScriptを有効にしてください!
JavaScriptが無効の場合、正常に表示されません。
また、ご予約お申込みフォーム、お問い合わせフォーム、ショッピングカートなどが正常に動作しません。

Japanese Top Page > ナイアのカウアイトーク
ナイアがここカウアイ島からときどきお届けする、ちょっとしたお話。
カウアイ島の様々な情報は、ご旅行にもお役に立つかもしれません。

へなちょこ・しゅん「行くべしカウアイ島・見るべしニイハウ島」

2006.08.04 Fri

21_01絶対に見のがせない、カウアイ島の本が登場しました!
お馴染みの、人気サイト【モーハワイ★コムの編集長のへなちょこ・しゅんさん。
そのへなちょこ・しゅんさんの本、「行くべしカウアイ島・見るべしニイハウ島」が発売されました!


21_02もうすでにたくさんの方にお買い上げいただいているようで、ナイアにも嬉しい報告が次々に届いています。
みなさんの感想は、まずは最初にひと言、「とっても面白いです!!」
そして、「ガイドブックには載っていないような、とても興味深い紹介がたくさんありますね」 「本を読んでいると、すぐにでもカウアイに飛んで行きたくなります」
「この本を片手に、しゅんさんの行かれた場所をたどってきます」などなど。


21_03本の中には、私たちナイアとキャプテン・スプラッシュもたくさん登場させていただいています。
そちらのページについてのご感想や楽しいお話もたくさんいただいています。
本当にありがとうございます!

ということで、しゅんさんの本は思った通りにとても好評です!!


21_04しゅんさんがこの本の取材でカウアイに滞在中、一緒にレストランに行ったり、インタビューに出かけたり、 ニイハウ島に行ったりと、楽しいことがたくさんありました。
また、チャランボ・なべさんとの嬉しい出会いもありました。
なべさんも、とても素敵な方なんですよ。

しゅんさんはカウアイ滞在中、本当に精力的に動き回り取材しまくっておりました。
そのパワーには、私たちも驚かされることがしばしば。
とにかく一生懸命のしゅんさんのお仕事ぶりは、素晴らしいものでした。


21_05まだこの本をご覧になっていらっしゃらない方、どうぞご覧くださいね!

カウアイにいらっしゃる予定の方は勿論のこと、まだいらっしゃる予定のない方でも、
読んでいるだけでもとても面白い本ですので是非ご覧くださいね!


21_06本の中の場所へ行かれる方などで、ご質問やご相談がありましたら、どうぞナイアまでメールやお電話にてお尋ねください。 

レンタカーをご利用でない方で、 このページのこの場所に行きたいのだけれど・・・とおっしゃる方も、是非お知らせください。 
ナイアとスプラッシュが、ご相談におのりいたしますよ。


21_07この他にも、カウアイ島の全てのアクティビティのご説明や、ご予約などのお世話をしています。
ご案内は「Splash of Kauaiアクティビティ」をご覧ください。

21_08

カウアイ HULA HOIKE 2006

2006.02.21 Tue

news_20_01カウアイ島で、毎年恒例となっているフラのイベント。
今回はそのLeilani Rivera Bondレイラニ・リベラ・ボンドの、HULA HOIKE フラ・ホイケ2006のお話です。

Leilaniレイラニは、Kumu Hula(フラの先生)としてハワイアンのミュージシャンとして有名です。 またレイラニは、よく日本で行われるハワイのイベントや、コンサートにも出演しています。


news_20_02今年のHULA HOIKE 2006は、LeilaniレイラニのKumu Hula25周年にあたります。
そして今年のHoikeは、この頃いろいろなイベントでも一緒に出演してくれているTHE MAKAHA SONSザ・マカハサンズが特別ゲストです。
当日は、開演前にはたくさんの人が並び、チケットも完売した為に会場に入れない人たちもいました。 
いらしてくださったみなさん、応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました。


news_20_03レイラニはナイアの親しい友人で、彼女の旦那さんがオーナーをしている乗馬ツアーでも、ナイアたちも一緒に日本からの皆さんに乗馬を楽しんでいただけるようお世話をしています。
コンサートなどをはじめ、この乗馬ツアーの様子なども、いつもスプラッシュがたくさんの写真に収めています。


news_20_04レイラニの娘のステファニーです。
ステファニーは、今年はHulaではなく歌だけで出演です。彼女が歌ったのは、Akaka Falls。
ギター伴奏は、ナイアたちの昔からの友達Freddyです。
Freddyフレッディーは、以前からレイラニと一緒に演奏をしているカウアイのトップ・ミュージシャンです。
レイラニと一緒に何度も日本にも公演に出かけています。


news_20_05写真中央でで踊っているのは、ステファニーの妹です。
彼女が一番レイラニに似ています。
二人並んで写真を撮ると、あまりにもそっくりなことがあり驚くほどです。


news_20_06右から2番目は、ナイアの友達のナオミさんです。
心からHulaを楽しんで踊っているという感じのナオミさんです。
とても綺麗な踊りです。写真を撮っても絵になります。


news_20_07THE MAKAHA SONSのリーダー、Jerome Kokoジェローム・ココです。
ナイアのハワイアン・ミュージックの先生でもあります。
ジェロームは、Splashの写真を気に入ってくれています。
勿論このHoikeでの山ほどの写真も、ジェロームにどっと送ります。


news_20_08ジェロームの弟のJohn Kokoジョーン・ココです。
ステージの上で大笑いの時の顔は最高です。ジョーンは、いつでも一番愉快な人でしょうか。
ハッピーハワイアン、なんて言葉がぴったりのジョーンです。


 news_20_09クールなMoon Kauakahiムーン・カウアカヒですが、ステージでは非常にバラエティーに富んだ表情を見せてくれます。
いい顔の写真が多いのも、面白い顔の写真が一番多いのもこのムーンです。
でも、ムーンの優しい笑顔はナイアも昔から大好きですよ。

news_20_10 

タコ

2005.12.04 Sun

news_19_01今回は、タコのお話ですよ。 

ハワイにも、日本と同じ様にタコがたくさんいます。
岩がゴロゴロしているような浅瀬で、タコ捕りをしているロコの人もいます。


news_19_02私たちの場合には、ダイビングやスノーケリングで海底に隠れているタコを捕まえます。
特にキャプテン・スプラッシュは、素もぐりでも海底に長く潜っていることができるのでタコ捕りの名人でもあります。
写真は、ナパリボートツアーのスノーケルの際に捕ってきたタコです。
スプラッシュが海に潜った時には、タコを見つけると捕ってきてボートの上の皆さんにお見せることもありますよ。


news_19_03小さいタコが多いのですが、時にはこんな風に良いサイズのタコを見つけることもあります。
ツアー中ですので、皆さんにお見せした後には、また海底深く戻してあげます。


news_19_04タコは、海底ではその身体を様々な色に変えて生活しています。
泳いで来て黒い岩のところで止まると、その身体の色がサーッと黒っぽい色に変わります。
白い岩やサンゴの間に隠れると、身体の色もとても薄く白っぽく変わってしまいます。
素晴らしいカモフラージュです。


news_19_05でも、身体の色だけではありません。
身の危険を感じて更にカモフラージュしたい時、興奮したり敵を威嚇する時などには、肌の表面の様子も変わります。
スムーズに見えていた肌の表面に、突起物がボツボツと現れてきて、まるで何か他の生き物の様に見えてきます。
タコに噛みつこうと思って追いかけてきた敵も、突然こんな風に姿を変えたタコに驚いて逃げていったりします。タコさん、お見事!